ブリスベン鍼灸漢方クリニック QIRAKU

English page
665 Brunswick Street, New Farm Brisbane
TEL: 0415-586-121

当院について

QIRAKUクリニックの特徴とサービス

clinic outside ブリスベンの New Farm にある、日本人鍼灸師の治療院です。 鍼、灸、温鍼、漢方処方によって、あらゆる症状に対応します。

  • 女性鍼灸師の為、女性の方も安心して治療を受けていただけます。
  • 優しい治療を提供します。気持ちが良くて治療中に眠ってしまう患者様が多いです。
  • どうしても鍼が怖い方には、お灸、温鍼、小児はりの道具などを使用して、極力 鍼を使わない治療 も行えます。
  • 患者様の症状は同じに見えても、ひとりひとり違います。じっくりとカウンセリングを行い、それぞれに合った治療を行います。
  • お子様には、鍼を用いない治療(小児はり)を行います。
  • 漢方は、顆粒状の生薬をひとりひとりに合わせて調合します。製剤よりも個人に合わせやすく、煎じ薬よりも作りやすくて飲みやすいのが特徴です。

↑ページの上部へ

治療道具について

鍼について

QIRAKUクリニックで使われる鍼は、すべてディスポーザブル(使い捨て)のものを使用しております。
鍼の太さは、0.14mmから0.20mmです。少し太めの髪の毛の太さ程度ですので、基本的にほとんど感じません。
置き針は、セイリンのパイオネックスを使用しております。テープは通気性が高い素材で蒸れたりかぶれたりすることがなく、快適に使用できます。

お灸について

クリニックでは、煙がなく匂いの少ない、棒灸と箱灸を使用しております。
どちらも直接肌に触れる事はありませんので安全です。
また、自宅でやっていただくために、棒灸または台座灸(せんねん灸のような形状のお灸)をお分けしております。 ご自宅でのお灸をご希望の方は、おたずねください。

moxa daizakyu

温鍼(おんしん)について

onshin 温鍼(熱鍼:ねっしん)は、西洋・東洋医学の理論を利用して、簡単に生活に取り入れられるに開発された療法です。 熱容量の多い刺入しない道具の先を温めて、皮膚上を点的、線的、面的に刺激することで、経絡を始め様々な調整を行います。

↑ページの上部へ

治療の流れ

client
  • 待合室でフォームを記入していただきます(初回のみ)。
  • 問診を行います。初診では、現在の症状、経緯、今までの治療、全般的な体の事を伺います。 フォローアップでは、その後の症状やその他気になることについて伺います。
  • ベッドに横になっていただき、舌診、脈診、触診を行います。
  • 鍼、灸、温鍼などを使用して治療を行います。ゆったりとお休みください。(漢方のみの場合は、処方するまで10分から15分ほどお時間をいただきます。)
  • 必要に応じて漢方を処方いたします。
  • お支払いはお部屋にて。カード、現金でのお支払いが可能です。MedibankなどはHICAPSで直接払い戻しができます。

↑ページの上部へ

鍼灸師紹介

木下千枝美 / Chiemi Kinoshita

Chiemi Kinoshita Australian Health Practitioner Regulation Agency (AHPRA) に承認された鍼灸師および漢方医です。

松下電器産業(現パナソニック)、プライスウォーターハウスコンサルタント、オラクルなどの職を経て、2000年にオーストラリアに移住。
ブリスベンのAustralian College of Natural Medicine (現Endevor college)で4年間勉強し、Health scienceの学位を取得。
在学中から卒業後にかけて著名な中国人鍼灸漢方師の元で3年修行。
2006年12月より、女性系を主な専門分野とする Newstead Holistic Medicine で、ナチュロパスやマッサージ師と共に2年半働いたのち、2009年独立。
2009年-2013年 Azaya Natural Health (West End)
2014年-2015年1月 Genesis Bodywork (New Farm)
2015年1月- New Farm の現在のクリニックに移動

North American Journal of Oriental Medicine (NAJOM) の編集部員
Australian Acupuncture and Chinese Medicine Association (AACMA) のメンバー

雑誌に取り上げられました。
日豪プレスQLD版2015年3月号、医道の日本2011年10月号

Nichigo Press Nichigo Press

↑ページの上部へ

↑ PAGE TOP