ブリスベン鍼灸漢方クリニック QIRAKU

English page
665 Brunswick Street, New Farm Brisbane
TEL: 0415-586-121

小児はり

小児はりとは

小児はりと聞くと、子供に鍼を刺すの?と不安に思われるかもしれません。 でも小児はりは、いわゆる「針」ではありません。小さなローラーや突起のついた道具で、皮膚をやさしくさすったり気持ちのいい刺激をする治療法です。
実際に、子供たちにとってはとても気持ちのいいもので、慣れている子には、もっとやってほしいとねだられることも。
小児はりは、日本で約250年前に発祥し、主に関西で発展しました。しかし残念ながら、現在では「まずは病院へ」の風潮になったことなどから、小児はりの存在さえ知らない人がほとんどです。

↑ページの上部へ

小児はりの適応

小児はりは、軽度の皮膚接触刺激を与え、自律神経のバランスを整えることで、さまざまな症状を改善に導きます。 乳児期の症状の多くは、脳の発達が体の発達スピードより早いことによるアンバランスから来るものが多く、また、幼児期はそれに加え、環境の変化による精神不安定からも様々な症状を引き起こします。
このようなことから、小児はりをやってあげると、主に以下のことが改善されます。

  • 疳の虫(夜泣き、キーキー言う、噛みつく、チック症、不安、不眠など)
  • 消化器の疾患(便秘、下痢、お腹の痛み)
  • おねしょ
  • ぜんそく
  • アレルギー疾患

小児ぜんそく、アトピー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎などの体質改善を必要とする疾患は、治療期間が長期に及ぶこともありますが、一般的な疾患には、1ケ月前後で改善するのがほとんどです。 健康維持のため、月に1度来られるお子さんもいます。
対象年齢は3カ月から10歳程度と言われていますが、実際には大人にも対象となる方がいます。
私は年に一度日本で講習を受けたり、オーストラリアの小児鍼の集まりにも参加して、常に情報を集めています。是非いちど小児はりを試してみてはいかがでしょうか。

↑ページの上部へ

↑ PAGE TOP