2/665 Brunswick St, New Farm, BRISBANE QLD chiemi@qiraku.com 0415 586 121

漢方のメール相談について

通常、漢方の処方は問診、腹診、舌診、脈診などを通して行います。 しかし、ブリスベンのクリニックに来るのが難しい方、外出が難しい方もいらっしゃいます。 2020年3月23日より漢方のリモート相談を始めました。
郵送先はオーストラリア国内のみとさせていただきます。 ご希望の方は、お問合せ・ご予約 のページから、お問い合わせフォーム、sms、またはメールでご連絡ください。 追ってこちらからオンラインのフォームを送らせていただきます。 リモート相談は、基本的にメールでのやり取りとなる事をご了承ください。 料金については、漢方の料金 のページをご確認ください。

*リモート相談は現在コンサルテーション費をいただいておりません。これは、直接お会いして脈診や腹診などを行わなず、都合のつく時にメールでご連絡、検討し、処方をさせて頂くためです。別途 Australia Post の送料がかかります。 通常の郵送可能な日は、月曜日と水曜日(クリニック休診日)です。お近くの場合はピックアップも可能です。
漢方を処方できるか確認した上で、振込先をご連絡します。
また、ご希望の処方がお決まりでしたら、その処方名をお伝えください。
リモート相談では、原則ボトル1本(大人で2週間分)から受け付けております。
出来るだけ早く処方と郵送をするよう努力しますが、多少の時間をいただくこともあります。ご理解の程お願い致します。

漢方について

Herbal Medicine

日本ではお馴染みの漢方は、草木を中心に、動物由来のもの、鉱物などの天然物を組み合わせて作られます。 「証」という概念に基づいて、ひとりひとりの体質を見て処方します。 同じ病名でも、体質が違えば処方する漢方は違います。 体全体の調子を整え、自然治癒力を高める事に重点を置いた、素晴らしい医療です。

QIRAKUクリニックの漢方

漢方には様々な剤形がありますが、よく見るのはエキス剤の方剤だと思います。生薬を煎じた液からエキス成分を抽出し、製剤化したものです。 日本の病院などで処方されるのは、主にこのエキス剤の方剤です。手軽に使えるのがメリットですが、既にできた処方なので、ひとりひとりに合わせて加減ができません。 また、刻んだ生薬を煮出して飲む「煎じ薬」があります。ひとりひとりの状態に合わせて生薬を加減することができるのがメリットですが、 煮出さなくてはいけなかったり、匂いがきつかったりするため、続けるのが難しく躊躇してしまうかもしれません。

当クリニックでは、約100種類の顆粒状のエキス剤を用意しており、約10種類から15種類の生薬をクリニックで配合して処方します。 エキス剤よりも個人に合わせやすく、煎じ薬よりも簡単に飲めて匂いもマイルドなのが特徴です。

顆粒状の漢方を、お渡しするスプーンでカップに入れ、お湯に溶かして飲みます。 多少溶けにくい場合がありますが、かき混ぜてから数分置くとよく溶けるようになります。 食前食後どちらでも構いませんが、食事から30分以上空けるようにしてください。空腹時が最適です。